トップページ | 【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録するメリット

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録するメリット

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録するメリット(意味)とは、何なのでしょうか?もちろん、自社ホームページに対し、閲覧者(お客様)を有効に誘導する一手段ではありますが、他にも登録するメリットはたくさんあります。

このページでは、【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録することによって、自社ホームページに作用するSEO的なメリットを
解説してまいります。

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録するメリットのひとつとしてSEO(サーチエンジン対策)だと説明しています。

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトを有効なバックリンクとして活用する

よくある総合ポータルサイト(特定の業種業態に特化されていないYahooのような検索エンジン)は、特定のキーワードや業態を表すような特別なキーワードというものが存在しません。唯一存在するとしたら「検索エンジン」または「サーチエンジン」ということになるでしょうか。。

Yahoo検索エンジンやGoogle検索エンジンでは、ホームページの順位表示のアルゴリズム(理屈理論)として、「外部リンク」「バックリンク」の数やその品質をひとつの要素として評価しています。 なぜそのような要素が生まれたのかと申しますと、考え方としては「人気投票」への投票「1票」ということになるでしょうか。

あるウェディングドレス専門の修理・リフォーム会社のホームページの運営者が、ウェディングドレス販売業者の倒産情報の掲載のあるホームページを「有益な情報」として、そのホームページを自社サイトで紹介したとします。ウェディングドレス専門の修理からバックリンクを得た倒産情報を掲載しているホームページは、同一または類似類義のキーワードを持つ不動産会社に1票をもらい、同一類義のキーワードでは、実際に検索結果は評価を上げるということにつながります。

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに登録すると、ホームページを検索エンジンで上位表示させるのに有効なバックリンクとしての活用が期待できますということを説明しています。

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトの持つキーワード

【修理・リフォーム.com】ポータルサイトの場合、多く出現するキーワードとして「修理」「職人」「リフォーム」「リフォーム会社」「修繕」など、当然のことながら、修理・リフォーム業関連のものばかりです。もし、この【修理・リフォーム.com】ポータルサイトに、間違って健康食品のショッピングサイトが登録されてしまったと仮定すると、お互いにキーワードの一致性を見ないわけですから評価を加えられるということはありません。

逆に一致性のないホームページばかりからバックリンクをもらった場合、実際の表示順位を降下させることもあります。

【修理・リフォーム.com】ポータルサイト内に出現するキーワードは関連性のあるキーワードで統一されているので、検索ロボットの評価を落とす心配はありませんが、一致性のないホームページから外部リンクを受けると、逆に順位を落とす場合がありますということを説明しています。

当サイト【修理・リフォーム.com】ホームページでは、「修理」「修理職人」「リフォーム会社」に関連したキーワード以外の要素を持ちませんので、特定の修理専門会社、修理職人、リフォーム会社様のホームページには有効なバックリンク、外部リンクとしてお使いいただけると思います。

有料の【修理・リフォーム.com】ポータルサイトの評価について

Yahoo検索エンジン、Google検索エンジンでは、ポータルサイトが「無料」で誰でも簡単に登録可能であるのか、厳密なサービス規定を持つ「有料」のサイトであるのかを判別しています。これが外部リンク、バックリンクの「品質」の一要素となります。

登録の際に厳密な入会規定があったり、当サイト【修理・リフォーム.com】のように、申込みフォーム上で同意の意思表示を求めたりするサイトは、社会的な「信用度」「信頼度」が各サーチエンジンに高く評価されることは、ここではあえて説明するまでもないと思います。

要するに、登録までの審査基準を明確に表現しており、また登録費用がかかるサイトは、そのホームページの品質において、無料サイトよりも評価が高いということなのです。

若干のコストはかかりますが、この機会に【修理・リフォーム.com】サイトに登録されることをおすすめいたします。

Yahoo検索エンジン、Google検索エンジンでは、登録費用のかかるサイトは無料サイトよりも評価が高いということを説明しています。

掲載お申込み 掲載ご希望の企業様はこちらのフォームからお申込み下さい。

このページの先頭へ